rakugakijin’s diary

iPhone6S plus 64G (iOS10.0.2) を、発売開始日より使用中 気になるところの備忘録

予定表と日記帳

予定表は、これから起こるであろう事項のメモ
日記帳は、備忘録やったり、ズバリ日記帳やったりライフログやったり。

予定表は、informant5とtoodledo、Evernote

日記帳は、Evernoteベースやけど、古いデータでも検索出来ることが前提
Evernoteは、キーワード付与忘れると埋もれたまま検索できないモノとなる。物理的にいつ頃保存したか思い出せば引っ張り出せれるとは思うけど。
検索するときは、保存場所が判らないから。
予定表前提の業務記録簿をどこにとるか。
notebook8やったり、これも整理できること前提

TODO管理

いまは、Evernoteとpocketinformant5で日々の予定は把握してる。
年間通じて繰り返し予定をtoodledoで通知して実行したらIFTTT使ってEvernoteへ記録してる。

但し、繰り返し予定だけのためにtoodledoを使うのがもったいないな。もう少し、管理方法考えなきゃ。
Evernoteも検索時に制限がかかってくるし。

toodledoは、あくまでiOSのリマインダの高機能版だね。そこから派生する情報をどうやって記録するか考えないといけない。

100年日記 倉庫へ

理由 写真等添付できるファイルに制限があった。
編集の過程でゴミなどで類似ファイルが発生したとき、都度整理が必要で手間。
備忘録として使ってたけど、忘れないための写真に制限があるのは変。

備忘録としてのTodayee

Evernoteを備忘録の保存場所として使っているが、古いデータ(特に写真)が行方不明になることが多い。ただでさえなんでもかんでも彫り込んでる。忘れないための杖のつもりが、杖を識別するリンクが判らない。写真を我々が見れば何か判るはずだけど、その写真を検索する機能がEvernote側にないのが原因かな。文字は検索できるかもしれないけど、映像まで検索できないから。写真を撮るときに家族の
名前などリンクとなるキーワードを付加しないといけないんだね。

そういう意味で、100年日記を入れたけど、100年日記もアプリに取り込む段階でなんでもかんでもEvernote空間にある日付形式のファイルを全部探すのでゴミ箱等ユーザー側が常に整理をしないといけない。後、写真の枚数が3枚までというのがネックになってるね。
なんでもかんでも写真で記録してるので。
他のアプリを探す段階に来てるのかな?

iOSの、文字変換効率

iOS10よりatok悪かったように感じてたけど、そのatokより、iOS11 が落ちるように感じるのは学習がリセットされたせいなのかな?

Evernote系エディタ

Qisa

Qisa

気になって試用してる。
作ったデータがリストに残っていくわけでなく、「都度検索して編集する。」か、「新規作成」するタイプ。
最近編集したりEvernoteへ転送したデータへコメント追加できる。
最近この手のソフトの価格が値上げ基調なのが気になってるけど。
サクサク動いてるから、捨てがたいところ。
私的には、何らかのリスト管理ソフトのツールで使いたいけど、取りあえず最近のデータが見えるからよしとするかな。

29-10-31
textever pro の入力ツール、Evernoteの検索ツールとして試用中

TODO絡みでメモするなら

Notebooks 8

Notebooks 8

  • Alfons Schmid
  • 仕事効率化
  • ¥840
こんなのもありです。
Evernoteでは無いところがミソですけど。
保存場所の保存量考えないならEvernote何だけど。
保存場所決めて、維持費の節約視野かな。
検索考えるとEvernote何だけど。